どんな作業着が最適?職種による違いを知っておこう

作業着に求められるもの

作業着には、ブルゾンや作業ズボン、つなぎやポロシャツなど様々な種類があります。作業を安全に効率よく進めるためには、職種によって動きやすさや着心地などを考慮して作業着を選ぶことがポイントです。
屋外での作業が主な建設や土木関係の仕事では、冬場は防風・防寒対策、夏には熱中症対策が必要になります。最近では、夏の暑さ対策に外の空気を服の中に取り入れるファンが内臓された作業着に人気が集まっています。また、溶接など火を扱う職種では、防炎加工が施された素材のものが作業着に向いています。精密機械などを扱う仕事は、静電気による引火を防ぐために帯電防止加工のものが求められます。
このように、作業着は職種によって適切な素材や機能が違ってきます。

通販でも購入できる作業着

作業着は、効率よく仕事を行い身を守るために着用するものです。企業によっては制服として利用され、社内の連帯感を高めたり仕事とプライベートの気持ちを切り替えたりするものでもあります。 最近の作業着はカラーもデザインも豊富でおしゃれなものも増えてきています。新しい素材や便利な機能なども加えられ、どの作業着を選べば良いのか迷ってしまいがちですが、作業着を使用する用途を明確にして選ぶことが大事です。 また、作業着は通販でも購入することができます。通販サイトによっては試着が可能なところもあります。通販であればサイズやカラーの品揃えも豊富です。作業着の購入を検討している方は、無料のカタログ等を取り寄せてみてはいかがでしょうか。