この作業着で大丈夫?働きやすい作業着を選ぶコツ!

作業着にも種類がある

作業着と一口に言っても様々な種類があります。機能性もそれぞれ違いますし、デザインや季節などによっても使い分けることが可能です。
作業着はそれを着ることで効率よく作業するために着るものなので、自分に合った作業着を選ぶということが非常に重要になってきます。しかし、どの様に選べば良いのかわからないという方も多いでしょう。価格が安いだけで選んでしまう人も多いですが、作業着一つで仕事の効率は大きく変わるのでポイントをしっかりと押さえて選ばなければなりません。
そこで、作業着を選ぶ際に注目したいポイントを項目別に詳しく紹介していきますので、作業着を探している人は働きやすい作業着を選ぶコツとして覚えておいてください。

素材と機能を最重視しよう

作業着を選ぶ上で最も重視すべきなのは素材と機能性です。
素材についてですが、作業する場所によって重視すべきポイントが異なります。炎を扱う現場や熱がある現場などにおいては防炎素材や難燃素材を使用した作業着を選ぶ必要があります。具体的に言えば綿などは火に強いので、火を扱う現場で人気が高いです。また、静電気による故障や引火などのトラブルが発生する可能性がある現場では静電加工された素材の作業着を選ぶと良いでしょう。
機能性についてですが、高いところで作業するなどの場合腕の上げ下げがしやすいストレッチ素材や動きやすい加工をしてあるものを選ぶと動きやすいです。異物混入などを避けるためにポケットがないものをあえて選ぶなどもあります。