作業着は素材が決め手!職種によって使えない素材もある!

職種によって作業着は違います

仕事をする際に着用する作業着ですが、職種によって着用される作業着が違うことはご存知でしょうか? 綿100%でできている作業着は燃えにくい特性と汗をよく吸う特性を活かし、火を扱う現場で使われることが多いでしょう。ポリエステル100%でできている作業着は、洗いやすく、乾きやすい特性を活かし、汚れることが多い飲食店などで利用されます。引火するといけない薬品を使う場合や精密機械を扱う業務の仕事の作業着は静電気が起きづらい帯電防止の作業服が利用されます。他にも異物混入のためにポケットがないものや、暑い現場で利用するために通気性が良いもの、宣伝効果が高い会社のロゴが入った作業着など、用途に応じて様々な作業着が存在します。

作業着はどのように選んだら良いのでしょうか

作業着の選び方は、業務に影響が出ないようにきちんと目的にあったものを選ぶことが大切でしょう。作業着を選ぶ際には、作業場所・業務内容・作業服の素材・デザインの4点を確認する必要があります。 火を扱うような作業内容であれば、難燃性の作業着の素材を選ぶ必要があり、暑さにも耐えられる通気性が良いデザインが良いでしょう。また、様々な道具を使うような職種であれば、ポケットの数や位置も重要になってきます。作業着を着て通勤をするような職種、職場であれば、好印象を与えるデザインや色にする必要もあるでしょう。接客が多い職場であれば、汚れが目立ちにくい色や汚れても洗いやすい素材でできている作業着を選択することもあります。