快適な仕事をするために!上手な作業着の選び方

作業着はどのように決める?

作業を安全に進めるために必要な作業着は、職種や用途によって求められる機能が異なります。作業に支障がでないように、作業する場所や季節、仕事内容によって素材やデザインを選んでいきましょう。
建築や土木、建設業の現場では夏でも長袖の作業着の着用が義務付けられているところが多いです。そのため、夏場の熱中症対策にファンが取り付けられたものや涼感を得やすい素材のものが登場しています。また、夜間の作業には反射テープなどを使用して安全性を高めたものが必要です。溶接など火を扱う作業であれば、化繊の作業着は不向きです。燃えにくい素材のものや綿素材のものを選ぶことが大切になります。
一方で、火気厳禁の作業や精密機械を使用する作業では静電気が発生しないような素材の作業着が使われます。

デザインやサイズについて

作業服のサイズは、毎日使用するものなので着用する人に合ったものを選ぶことが大切です。基本的には、サイズにゆとりがあると動きやすいです。しかし、作業で使用する機械などに作業着が巻き込まれる事故に繋がる危険性がある場合には、あまりゆとりのある作業着は向いていません。作業する内容と環境に合わせて着用するサイズを選びましょう。実際に試着してみて着心地の良いものや汚れの付きにくいもの、耐久性のあるものも作業着を選ぶポイントになります。
また、ボタンの素材や位置、ポケットの数なども作業には影響が大きいものです。作業着は、作業をする上で大きな役割を果たすものです。作業効率をアップさせるためにも、安全で適切な作業着選びを心がけましょう。